楽天モバイルを解約したい!いつ手続きすべき?

楽天モバイルの月額プランについて

楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて見ていきましょう。あなたが現在お使いのスマホの料金と比較したら、どのくらい通信料金が安く済むかに着目してみてください。どれだけ節約できるか、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

料金と初期費用

楽天モバイルの月額プランは、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。音声SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、それ以外のプランを選ぶとdocomoのLTEという高速回線が利用できるようになります。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

解約制限

楽天モバイルの最低利用期間と解約違約金、これは事前に把握しておきましょう。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。1年以内に解約をした場合は、手数料として9800円払わなければなりません。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルの通信回線は、ドコモの4G回線を利用したサービスとなっています。速度については、さすがはdocomo回線。安心の速度と言えそうです。docomoと同じ回線が格安で利用できるとは、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

楽天モバイルの帯域制御に関して

楽天モバイルでは、契約者が同じ条件で利用できるよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられていました。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、規定された容量をオーバーした利用者に対して、決められた速度制限が課せられていましたが、嬉しいことに、この72時間制限が撤廃されました!ということで、楽天モバイルの格安SIMでは、動画等を観たあとに、3日制限の恐怖に怯える必要はもうありません。気軽に使えるのも嬉しい点ですね。

楽天mobileって?

楽天モバイルは、ドコモの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。なんと月々わずか1,250円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。そんな訳で、今回は、楽天モバイルのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。お見逃しなく!

docomo回線を使った格安SIM!

楽天モバイルでは、docomoの回線を使っています。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、対応出来るエリアも広く、繋がりやすいので、安心してください。docomoのスマートフォンのほとんどが、楽天モバイルで使用できる機種に該当します。もちろん、楽天モバイルで販売されているスマホを購入して使用することも可能です。ドコモのスマホであることが条件ではありますがSIMカードを買いかえるだけで楽天モバイルと契約することができ、新規にスマートフォンを購入せずに済むので、大変魅力的ですよね。楽天モバイルは信頼性の高いドコモの回線を比較的安価で利用できる格安スマホサービスと言って良いでしょう。

格安スマホが大量

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、新たにスマートフォンの購入が必要になります。楽天モバイル対応のスマートフォンは楽天モバイルで買うことができ、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。楽天モバイルのデメリットとしては、本体購入時の代金を分割払い担いたい場合、利用可能なのは楽天カードのみと言う事でしょうか。もし楽天カードを持っていなかった場合、端末の購入代金は一括で支払うしかありません。ただ、スマートフォンにしてもタブレットにしても種類が圧倒的に多いと言う点では、他のMVNOに比べ大きな魅力と言えるでしょう。

データ通信料の翌月繰り越しに対応

多彩なプランが用意されていて、それぞれに使用できる最大データ容量は異なりますが、せっかくのプラン分の容量を使いきれずに残ってしまう月もあると思います。そんな時に楽天モバイルでは、残っているデータ通信量の分を翌月に繰越しできるありがたいサービスがあります。余ったデータ通信量の繰越に対応していないMVNOもあるため、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができる楽天モバイルは魅力的です。データ通信量を無駄なく利用できるというのは、格安スマホであっても是非利用したいサービスですね。

通話料金がお得になる、楽天でんわ

通話料を半額にしたい時におススメなのが楽天モバイルの「楽天でんわ」サービスです。IP電話と異なるプレフィックス型通話サービスで、発信者番号は通知されるようになっています。当然、いつも使っている携帯電話番号が空いてに通知されます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、使いにくいところがありましたが、楽天でんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。楽天でんわでの通話料金は、金額に応じて楽天ポイントが付与されますので、お得感も倍増といったところでしょうね。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

5分かけ放題オプション

docomoやau、ソフトバンクには、話し放題のプランがあるのですが、MVNOのほとんどが通話時間によって料金が変わってしまう場合がほとんどです。「MVNOは使用料が安くてすむというメリットがあるから検討したいけど、電話をかけることが多いから通話料が心配。」という方も、安心の料金プランが発表されました。それが楽天モバイルです。月に850円を支払う事で『通話開始してから5分間の間なら何回でも無料で話せる』とゆうサービスです。IP電話と違い、電話回線を使った「5分かけ放題オプション」は、発信者番号通知に対応しているため、楽天でんわなどと同じように使用でき、いつもと変わらぬ使い心地で、なおかつ通話し放題になるという大きなメリットがあります。NifMoにも通話かけ放題プランがありますが、発信者番号通知には対応していないことが多いと聞いています。楽天でんわの通話料は、1分21.6円のため、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのオプションですね。

到着月は無料!

楽天モバイルでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、初めの1ヶ間、月額料金がかかりません。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMカードの到着する日次第では、1ヶ月間タダになる訳ですね。ただ、前の通信会社との契約の都合で、解約手数料などが必要になったりする場合もあるので、SIMカードやスマートフォンの受け取りを、月初めにすることが一概にお得とは限りません。

間もなく終了の割引キャンペーン