楽天モバイルを解約したい!いつ手続きすべき?

楽天モバイルの月額プランについて

楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて見ていきましょう。あなたが現在お使いのスマホの料金と比較したら、どのくらい通信料金が安く済むかに着目してみてください。どれだけ節約できるか、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

料金と初期費用

楽天モバイルの月額プランは、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。音声SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、それ以外のプランを選ぶとdocomoのLTEという高速回線が利用できるようになります。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

解約制限

楽天モバイルの最低利用期間と解約違約金、これは事前に把握しておきましょう。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。1年以内に解約をした場合は、手数料として9800円払わなければなりません。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルの通信回線は、ドコモの4G回線を利用したサービスとなっています。速度については、さすがはdocomo回線。安心の速度と言えそうです。docomoと同じ回線が格安で利用できるとは、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

楽天モバイルの帯域制御に関して

楽天モバイルでは、契約者が同じ条件で利用できるよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられていました。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、規定された容量をオーバーした利用者に対して、決められた速度制限が課せられていましたが、嬉しいことに、この72時間制限が撤廃されました!ということで、楽天モバイルの格安SIMでは、動画等を観たあとに、3日制限の恐怖に怯える必要はもうありません。気軽に使えるのも嬉しい点ですね。

楽天mobileって?

楽天モバイルは、ドコモの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。なんと月々わずか1,250円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。そんな訳で、今回は、楽天モバイルのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。お見逃しなく!

docomo回線を使った格安SIM!

楽天モバイルでは、docomoの回線を使っています。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、対応出来るエリアも広く、繋がりやすいので、安心してください。docomoのスマートフォンのほとんどが、楽天モバイルで使用できる機種に該当します。もちろん、楽天モバイルで販売されているスマホを購入して使用することも可能です。ドコモのスマホであることが条件ではありますがSIMカードを買いかえるだけで楽天モバイルと契約することができ、新規にスマートフォンを購入せずに済むので、大変魅力的ですよね。楽天モバイルは信頼性の高いドコモの回線を比較的安価で利用できる格安スマホサービスと言って良いでしょう。

格安スマホが大量

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、新たにスマートフォンの購入が必要になります。楽天モバイル対応のスマートフォンは楽天モバイルで買うことができ、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。楽天モバイルのデメリットとしては、本体購入時の代金を分割払い担いたい場合、利用可能なのは楽天カードのみと言う事でしょうか。もし楽天カードを持っていなかった場合、端末の購入代金は一括で支払うしかありません。ただ、スマートフォンにしてもタブレットにしても種類が圧倒的に多いと言う点では、他のMVNOに比べ大きな魅力と言えるでしょう。

データ通信料の翌月繰り越しに対応

多彩なプランが用意されていて、それぞれに使用できる最大データ容量は異なりますが、せっかくのプラン分の容量を使いきれずに残ってしまう月もあると思います。そんな時に楽天モバイルでは、残っているデータ通信量の分を翌月に繰越しできるありがたいサービスがあります。余ったデータ通信量の繰越に対応していないMVNOもあるため、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができる楽天モバイルは魅力的です。データ通信量を無駄なく利用できるというのは、格安スマホであっても是非利用したいサービスですね。

通話料金がお得になる、楽天でんわ

通話料を半額にしたい時におススメなのが楽天モバイルの「楽天でんわ」サービスです。IP電話と異なるプレフィックス型通話サービスで、発信者番号は通知されるようになっています。当然、いつも使っている携帯電話番号が空いてに通知されます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、使いにくいところがありましたが、楽天でんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。楽天でんわでの通話料金は、金額に応じて楽天ポイントが付与されますので、お得感も倍増といったところでしょうね。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

5分かけ放題オプション

docomoやau、ソフトバンクには、話し放題のプランがあるのですが、MVNOのほとんどが通話時間によって料金が変わってしまう場合がほとんどです。「MVNOは使用料が安くてすむというメリットがあるから検討したいけど、電話をかけることが多いから通話料が心配。」という方も、安心の料金プランが発表されました。それが楽天モバイルです。月に850円を支払う事で『通話開始してから5分間の間なら何回でも無料で話せる』とゆうサービスです。IP電話と違い、電話回線を使った「5分かけ放題オプション」は、発信者番号通知に対応しているため、楽天でんわなどと同じように使用でき、いつもと変わらぬ使い心地で、なおかつ通話し放題になるという大きなメリットがあります。NifMoにも通話かけ放題プランがありますが、発信者番号通知には対応していないことが多いと聞いています。楽天でんわの通話料は、1分21.6円のため、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのオプションですね。

到着月は無料!

楽天モバイルでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、初めの1ヶ間、月額料金がかかりません。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMカードの到着する日次第では、1ヶ月間タダになる訳ですね。ただ、前の通信会社との契約の都合で、解約手数料などが必要になったりする場合もあるので、SIMカードやスマートフォンの受け取りを、月初めにすることが一概にお得とは限りません。

間もなく終了の割引キャンペーン

UQモバイルの解約について詳しく解説

UQモバイルの通信速度について

MVNOは各社が種々のサービスを提供していますが、UQモバイルは数あるサービスの中でも、通信速度の速さで好評を得ています。ここで格安SIMアワード2015の結果を見てみますと、この UQモバイルが通信速度部門でトップに立ちました。MVNOを選ぶにあたって通信の速度を最重要視する場合には、UQモバイルが一番お勧めです。MVNOと格安スマホの普及は将来どんどん進んでいく気配ですね。

UQモバイルでの3日間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、定められたデータ容量を超えた人に対して、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。特別な使い方をしない限り、超過することは、なかなかないはずです。契約プランごとの規定容量は設定されておらず、各プラン共通で直近72時間で6GBが規定値に設定されています。

UQモバイルとは?

UQモバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。auなどの大手キャリアから、UQモバイルに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。無料通話料つきで、なんと月々わずか1,980円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。AU回線を利用しているUQモバイルは、電波の入る範囲や通話の品質などAUと同じなのです。また、UQモバイルの格安スマホは、テザリングが無料というのも魅力の一つですね。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、UQモバイルの魅力をぐっと凝縮しました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

AU回線網を利用した格安スマホサービス

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが運営しているUQモバイルは、AUの回線を借りてサービスを提供しています。そのため、通話品質もAUと変わらず、AU回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。AUのスマホであれば、新たに機種を購入することなくUQモバイルでも使えます。それだけではなく、UQモバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。AUのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。定評のあるAUの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUQモバイルというわけなのです。

VoLTEに対応

UQモバイルの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。このVoLTEというものは、以前の通話音声よりも格段に音質が改善された、新しい通話のシステムの名前です。今までの通話技術では、拾える周波数に限りがありました。300Hz~3.4kHzまでしか拾えなかったのです。新たなVoLTEでは、50Hz~7kHz までと大幅に対応する音声周波数が広がりました。音が聴こえる周波数がこれだけ広がったので、高音質な通話が可能になったのです。UQモバイルの大きな魅力の一つにVoLTEに対応しているということがあると言えるでしょう。

容量くりこしもできる!

更に、UQモバイルになれば、余った通信容量の翌月繰越しが可能なため、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、大きなメリットとして気にせずに利用できるのがポイントです。ターボ機能という切り替え機能があるので、通信速度の高速・低速を選ぶことができます。データ量を抑制しながら利用出来るので、不要なデータ量消費を削減できる有用なサービスです。

UQコミュニケーションズの格安SIMの料金と初期費用

UQモバイルの料金と速度の体系をみてみましょう。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、スマホの利用料金をできる限り削減するか、考えてみてください。 料金プランの詳細を見てみましょう。

料金・初期費用

UQモバイルの料金は、データ通信だけのSIMと、音声通話ができるSIMとでは、料金に違いがあります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。音声通話SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

UQモバイルの最低利用期間について

UQモバイルの解約縛りと解約手数料に関して、解説していきます。データSIMについては、決まった利用期間はありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。最低利用期間内である12ヶ月以内に解約してしまうと、9500円の解約手数料が必要になります。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

UQモバイル評判

MVNOの一つであるUQmobileの最大の特徴は、通信速度が速いということです。速度が速いとストレスが減ります。ネットの口コミやレビューでも速度に満足しているユーザーの声が多く、料金プランの数の多さや、月々の料金面での安さでは、他社に劣っている部分もありますが、それでも通信速度の速さなどを考えれば、悪い点があったとしてもかなり魅力的なものなのです。格安スマホのセット販売もあり、選択肢の有力候補になるでしょう。

UQモバイル最大の強みである高速通信は必見

UQモバイルで提供されているサービスの中で最も特筆すべき点は、同業他社と比べて、ずば抜けた通信スピードを誇っている点です。しかも安定しています。私は何社かのMVNOと契約をして使ったことがありますが、より快適な通信速度を保っているので、UQモバイルのSIMを最も多く利用しています。安定した高速通信を期待する人に、MVNOはどれが良いか?と尋ねられたら、UQモバイルの名を真っ先にあげます。料金的なことを考えると、他社より少し割高な気もしますが、遅い速度による不快感はゼロなので、それを考えるとUQモバイルを使うメリットは十分にあります。

【終了間近】限定キャンペーン詳細

U-mobileを解約する方法について

Umobileの評判

UmobileはMVNOの中でも、4GLTEの使い放題ができるプランではないでしょうか。LTE回線が使い放題でdocomoと同じ回線を使えるということは、他社には滅多にない画期的なプランです。他社からの乗り換えに、このプランを活用すれば、毎月の携帯料金をかなり抑えられる可能性が高くなります。

通話プラス限定、U-NEXTのポイントバック!

100万契約を超えた動画配信サービスU-NEXTで利用できる、U-NEXTポイントが毎月もらえるのも嬉しい点です。LTE使い放題2プランでは、なんと毎月400ポイントが、その他のプランも毎月600ポイントも貰えちゃいます。多くの動画は1本300円で配信されているので、だいたい2本は無料で視聴できることになります。作品も充実しており、映画、国内・海外ドラマ、アニメ、バラエティと様々な動画が見れます。Umobileを契約した場合月々3,000円弱掛かりますが、U-NEXTポイントが400~600ポイントも付くと言うのは、かなり還元率の高いポイントサービスだと言えます。

Umobileの速度

たくさんあるMVNOのうち、Umobileは、262.5Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。そのため、通信速度や対象エリアの点でも、十分に安心して利用できます。

Umobileにおける3日制限について

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用する方たちが公平に使用できるために、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、定められた量以上のデータを通信したユーザは、200Kbpsという低速通信が実施される事です。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。ただし、Umobileは、速度制限の対象とする直近3日間の通信量を発表していません。

Umobileのユニークポイント

各社が提供している格安スマホサービスのMVNO、その中でも注目を集めているサービスの一つがUmobileですが、動画配信サービスを行っている「U-NEXT]の運営会社のサービスです。同社は2015年から東証一部上場企業となっているため、上場企業という信頼感もありますし、急成長しているので一般にはあまり知られていないのですが、実力の裏付けがある本格派のMVNOです。MVNOの中では非常に珍しく、LTE回線の使い放題プランがあるという点は魅力の一つであるといえます。通信費を多く利用する人は高速通信制限なく利用出来るUmobileがおすすめです。Umobileって何?という方の為にも、Umobileのすべてを網羅したつもりです。Umobileの良い所、悪い所を分析してみました。

docomo回線網のお得なスマホ

動画配信サービスでおなじみのU-NEXTが提供している格安SIM、Umobileはdocomoの通信回線を使っています。そのため、従来のスマホと何ら変わることのない安定した通信品質が維持されていますし、使用可能エリアも広いため、繋がりにくく不便だと感じる事はありません。既にdocomoのスマホをお使いの方にも朗報です。docomoのスマホであれば、Umobileでもそのまま使うことができてしまいます。勿論、本体も必要となった場合にはUmobileからSIMカードとセットでの購入プランも用意されています。今現在、docomoのスマホを利用しているのであれば、SIMカードを購入するだけで利用できるので、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。docomoの通話品質を使って、格安で利用できるUmobileは実に魅力的な商品です。

LTE使い放題!

Umobileは、LTE使い放題プランという珍しいプランがあり、ライバル社のほとんどはこのようなプラン設定ができていないので、Umobileが人気のMVNOになる一つのきっかけとなりました。通信量を気にせずにLTEの高速通信を使用したい人には、このブランはそうした上限を気にすることなく快適なスピードのまま使い続けられる非常にありがたいプランです。それとLTEは使い放題になります。それでも月額が3,000円以下と格安に設定されているのです。大手キャリアと比べても、この料金設定は明らかに安く、料金を抑えられる事が一目瞭然です。通信量を多く使う方には、かなり料金を抑えたプランとなっています。通信量を気にせずにLTEの高速通信を使いたい人にとっては、注目すべきMVNOです。詳しくはUmobileの公式サイトでLTE使い放題プランについてチェックしてみて下さい。

即日MNPもできる!

Umobileには色々な魅力がありますが、その1つは即日MNPに対応している事です。なぜ対応可能なのかというと、MNP届け出方式の採用により、ネット上での手続きだけで、手持ちの番号が使えなくなる不通期間も無くMNPができるようになりました。以前はMNPを即日に申請する場合は店頭での申し込みのみでしたが、自宅でも外出先でもその日にMNPの切り替えができるようになっています。MNP字の回線不通期間があるために、乗り換えをためらっていた方も、もうこれで安心です。その際の手続きですが、まずはSIMカードが郵送されます。それが手元に到着した後に、Uモバイルのマイページにログインをし、回線切替というボタンを押下する事により、手続きは完了となります。誰でも簡単にできる手続き方法なので、格安スマホへの乗り換えが一層しやすくなっています。

Umobile料金に関して

Umobileで現在利用可能な料金プラン等について説明したいと思います。今、月々かかっているスマホの料金から、どのくらい通信量がお得になるのかを、キャリア選びの参考になれば幸いです。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

Umobileの料金プラン・初期費用

Umobileの料金は、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。音声通話もできるSIMでは、070/080/090の番号が利用できるので、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。通話SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円です。

月額料金がLTE使い放題プランよりも、月額料金が250円割引となるプランです。

ユーモバイルの解約制限

Umobileの違約金について、説明していきます。UmobileのデータSIMに関しては、最低利用期間の設定はありません。つまり、いつでも解約が出来る上、解約の違約金も発生しません。一方の音声通話SIMは、少なくとも6ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。もし、6ヶ月以内に解約をする場合、6,000円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。決められた期間が自動で更新されてしまう、他キャリアと比べ 、7ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

LTE使い放題2プランの解約違約金

Umobileの規約により、LTE使い放題2プランに関しては、解約の際に、他の契約とは異なる制限が設定されています。契約後、6か月以内に契約を解除するのであれば、違約金として9,500円をお支払いただきます。 7ヶ月~12ヶ月目で解約する場合、解約手数料が3,500円必要になります。また、利用を始めた月から数えて、11か月以内のプラン変更の場合にも、違約金が3,500円発生致します。このように、他プランと少し異なる点は事前に頭に入れておいてください。しかし、違約金というデメリットがある一方で、月額料金が割引となるプランのため、1年以上にわたって長くこのサービスを利用し続けたいという方には、LTE使い放題2プランは断然お得でお勧めのプランになります

今月の割引キャンペーン!

mineoの解約手順と注意点

mineoのインターネット速度

格安SIMで気になるといえば通信速度。ということでmineoの通信速度を調べてみました。docomo回線を利用したDプランでは最大225MbpsのLTE回線となり、AUの回線を使うAプランでも最大225MbpsのAU 4G LTEと同じスピードです。通信系の媒体でもよく比較されていますが、混雑時間帯では、キャリア契約の回線よりもデータ通信速度が速いものはないでしょう。キャリア契約の回線のような高速通信が必要な場合は、キャリアと契約をしたほうがいいです。毎月の利用料金が安いので、総合的に考慮してみても、mineoといった格安スマホは魅力あるサービスでしょう。

mineo AU回線プランにおける3日制限

mineoでは、誰もが同じように使用できるよう、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しております。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、決められた容量を超過したユーザーに対して、速度制限が実施されます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。契約プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されているようです。

マイネオ Dプラン通信制御に関して

嬉しいことにmineoのドコモプラン(Dプラン)では、データ通信量による3日間制限がないということです。その日によってデータを使用する量が大きく異なる方は、auの回線よりdocomoの回線で契約した方が、直近3日間のデータ通信量を気にせずに使うことができるでしょう。このように2つのプランの違いも参照し、自分によりあったプランにて契約をされることをお勧めします。

mineo月額プランについて

mineoの料金と速度の体系をみてみましょう。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、mineoに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。ということで、料金プランを見ていきましょう。

mineoの料金・初期費用

mineoの月額費用は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの契約縛り

解約制限と解約違約金に関して、解説していきます。mineoはキャリア3社や他のMVNO会社とは違い、最低利用期間というものがありませんので、解約違約金が発生しません。利用期間や手数料を気にせずに格安SIMを試用できるという点が、とてもおすすめなMVNOです。ただ他が、1年以内に他がよいと思ってMNP転出という場合は、12,420円必要となりますので、音声通話SIMを使う方は、注意する必要があります。

mineoの特徴まとめ

mineoは、格安SIMや格安スマホを扱っているMVNOの一つです。docomo・au・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えると、月々のスマホ使用料金が安くなりとてもお得な格安スマホです。デュアルタイプ(データ通信+音声通話)の月額基本料金は1,310円からと料金の安さが話題となっています。このマルチキャリアというのは、国内初であり、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。docomoやAUと同じ通話エリアで利用でき高い通信速度が保たれている点では、信頼性がありますね。今回は、mineoのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。話題のmineoについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoとAU回線を使ったMVNO

ドコモ回線プランかau回線プランが選べるマルチキャリアMVNOを提供しています。mineoを利用すれば、格安でdocomoかAUの通話品質を使うことができ、サービスエリアもdocomoやAUと何ら変わりません。docomoやAUの回線を使っているため、docomoやAUのスマホをそのまま使うこともできて、新しく買い換える必要はありません。高額な新機種のスマホを買わなくていいので、節約することができますね。もちろん、mineoで販売している格安スマホをプランに合わせて買って使うこともできます。全国展開されているキャリア回線をやすく利用できますし、docomoの回線を使うプランにするか、auの回線を使うプランにするか、好きな方を自由に契約することができます。料金に多少差異がありますし、端末を購入する際は回線によって選べる端末も違いますから、その点を考慮してどちらにするか検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTE(ボルテ)に対応

mineoで注目したいのが、VoLTE対応というところです。VoLTEとはLTEによる音声通話サービスのことで、従来の音声通話より高品質な通話を実現した、通話方式の名称としては新しいものです。対応する音声周波数が、今までは300Hz~3.4KHz と狭く特に高音は篭もった感じになっていました。しかしこのVoLTEは、音域が広がり、50Hz~7kHzまで広がりました。そのため、今までよりも格段に品質の高い通話音声が出来るようになったのです。このVoLTE対応というのは、mineoのメリットの一つでもあります。

容量繰越しもできる!

mineoの場合は、データ使用量を翌月に繰り越せるので、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、大きなメリットとして気にせずに利用できるのがポイントです。

mineoアプリの活用で、データ量を節約

そしてmineoスイッチというものもあって、通信速度が高速と低速のどちらでも切り替え可能です。節約したデータ容量の使い方ができるので、ユーザーには嬉しい機能ですよね。このmineoスイッチと公衆無線LANをうまく活用することで、さらに安いデータ量プランで済むことになるかもしれません。スマホの月額料金を安くするために役立つでしょう。

今月のキャンペーン!!

IIJmioを解約方法を徹底解説

IIJmio月額料金と解約について

IIJmioの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、手掛かりとしてください。 月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

みおふぉんの料金プランまとめ

IIJmioの月額費用は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMでは、料金が違います。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、今まで通りご使用できることになりますが、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

最低利用期間について

IIJmioの違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。IIJmioの場合、データSIMに関しては、最低利用期間の決まりはありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、違約金として9,000円の支払いが必要となります。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

IIJmio評判

IIJmioが多くの人に選ばれているのは、顧客満足度が高いサポートの充実さと、技術の蓄積がある古参MVNO企業である事でしょう。株式会社イードがおこなっている格安SIMアワードにおいて、総合部門の最優秀賞を受賞したということからも、顧客満足度がいかに高いかということを世間に知らしめました。電話やオンラインでのサポートも充実しており、格安スマホ・SIMがうまく扱えない人であっても、不安なく使えるため、非常にオススメのMVNOです。

アフターサポート・速度の安定感がウリ!

IIJmioの口コミや評判で多いのが、通信速度が安定しており、購入後のサポート大成も整っているという意見が多いようです。2015年の格安SIMアワードでは、総合部門において、最優秀賞を受賞している実力の持ち主です。以上のことからIIJmioはMVNOの中でもかなり優れているものと言えます。それにMVNOの中でもブラント力が強く信頼性もあるので一押しのMVNOでもあります。口コミや評判が特に良いMVNOなので、どのMVNOにするか迷っている人や格安スマホを初めて使う人にとっては、是非llJmioをオススメします。

IIJmio格安スマホのユニークポイント

「みおふぉん」という株式会社インターネットイニシアティブが提供するMVNOサービスである格安のSIMとスマホについてこれから紹介していきます。インターネットイニシアティブという会社は、格安SIMサービスを早い時期に始めた企業のひとつです。昔からMVNOサービスをチェックしているユーザーならば、bmobileやIIJmioという名のサービスを知っている人も多いでしょう。2015年に実施された格安SIMアワードの顧客満足度調査の総合部門で最優秀賞を受賞しているMVNOで実力は折り紙付きです。その大きな理由として、ブランドイメージ・充実した顧客サポートが評価されています。IIJmioって何?という方の為にも、IIJmioの料金や解約について、まとめましたので、お見逃しなく!

docomo回線を利用したお得なスマホ!

株式会社インターネットイニシアティブでは、docomoの回線を利用している「IIJmio」を提供しています。気になる通話品質もdocomoと同じなため、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。docomoで使用できるスマートフォンを所持している場合はたいてい、その機種をIIJmioでも使う事ができます。もちろん、IIJmioのSIMフリーのスマホ、SIMカードをセットで買うこともOKです。二台目のスマホが欲しい方にも最適です。現時点でdocomoのスマートフォンをお使いの方であれば、SIMカードだけを契約すればIIJmioが使えるようになりますから、スマホの本体代がかからず、お得に購入できます。IIJmioは、今お使いのdocomoの通信環境のままで安心してご利用いただける、格安でお得なサービスです。

初速バーストで低速通信時も快適

IIJmioには、他社にはないバースト機能という使って便利な機能があります。あまり聞きなれないバースト機能について説明したいと思います。バースト機能とは、低速通信になっている時でもほんの数秒だけ、高速通信に切り替えることができる機能で、表示スピードが上がり、さくさくとインターネットが出来るのです!この機能により、通信制限がかかって低速通信になっていても、ページの表示は高速で行われるため、ページ表示の遅さが和らぐため、ストレスなくインターネットを楽しめるという、ウレシイ機能です。しかし、IIJmioと、IIJMioでしか、利用することができないサービスとなっております。

データ通信料の繰越し対応!

契約したプラン次第でデータ容量が異なりますが、月によってはほんの少ししか利用しないときもあるでしょう。IIJmioを利用していれば、そんな状況でも、使わなかったデータ容量を繰り越すことが可能です。MVNOによっては、データ通信料の繰越しに対応していないものもあるので、この翌月繰越は、多くのユーザーがIIJmioを選ぶ理由のひとつと言えるでしょう。効率よく無駄なく使いたい方にとっては、非常にありがたいサービスです。

ファミリーシェアなら、SIMカード10枚対応

家族の分までSIMカードを追加できるIIJmioのファミリーシェアは、全部で10枚までSIMカードを追加することができます。家族10人でllJmioへ乗り換えると、みんなで使えば、断然お得なんです。携帯電話代を世帯みんなの分と考えるなら、非常に大きいコストカットが出来るはずです。今話題の格安スマホに乗り換えることを選択の一つとして、家族の携帯代の見直しをすることは非常にオススメです。IIJmioはサポート体制が十分で好評なので、格安スマホを利用したことがない人でも安心して利用することができます。有害サイトや不正アプリから守ることが出来るみまもりパックをつけていただければお子様用のギッズスマホとしても安心してご利用いただけます。

IIJmioのインターネット速度について

みおふぉんとは、MVNOの一つで、docomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。対応エリアが広く、回線の信頼性が高いので安心できるサービスです。実効速度が速い帯域で安定してる。との噂は、口コミサイトでの評価にも、かなり人気の高いMVNOであるように見受けられます。速くて安い格安スマホを利用したいのであれば、IIJmioが一番しっくりくるMVNOなのではないでしょうか。

IIJmioでの3日間制限

IIJmioの場合、低速通信時のみ、直近72時間の通信利用量に応じて、帯域制限が掛かる場合があります。高速通信を利用している場合は帯域制限の対象にはなりません。どの利用者も平等に通信できるようにするため、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。一般的な使用を前提とするならば、そうそうひっかかる制限ではないですね。

みおふぉんのキャンペーン

DMMモバイルの速度と魅力について

DMMモバイル月額料金と解約

DMMモバイルを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。毎月ごとの料金を比較していき、通信代がどれくらい安くなるのか、ご参考にして頂ければと思います。 DMMモバイルの料金プランを見てみましょう。

DMMモバイルの月額費用

DMMモバイルの料金プランは、両近形態はデータ通信用SIMと音声通話可能なSIMとで分かれています。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの料金は、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,380円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,910円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,680円、10GBプランで2,890円、15GBプランで3,980円、20GBプランで4,680円です。

データ通信専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円です。

DMMmobileの解約制限

DMMモバイルの最低利用期間と解約違約金について、説明していきます。DMMモバイルの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。しかし、通話SIMの場合は、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、違約金『9,000円』の請求を受けることになります。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、こちらの場合は、13ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

DMMモバイルの特徴まとめ

今、MVNOのモバイル通信サービスで注目を集めているDMMモバイルは、動画配信サイトで有名なDMM.comが運営するMVNOサービスです。DMMモバイルは業界最安値と宣伝していて各プランとも安い料金設定になっています。安い月額料金を重視するのであれば、MVNOがお薦めです。さらに、通信速度の速さや安定感に定評があり、Webの閲覧や動画の再生にストレスなく使用できます。DMMモバイルって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、DMMモバイルの詳細をまとめさせて頂きましたので、どうぞ楽しんで♪

docomoネットワークを使った格安スマホ

動画配信サービスでおなじみのDMM.comが提供している格安SIM、DMMモバイルはdocomoの通信回線を使っています。ですのでもちろん通話品質はドコモと同じですし、大手キャリアに見劣りすることなく、広範囲で安心して使えます。現在、docomoのスマートフォンを利用しているのであれば、お持ちの機種をそのままDMMモバイルで利用することができます。また、端末はdocomoから買わなくてはならない訳ではなく、DMMモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。ドコモの端末をそのまま使用して、SIMカードのみを契約するプランもありますので、再び高額なスマホ本体の購入料金を支払う必要もありません。新たなスマホを購入せずに初期費用を抑えられるメリットは、大きいですね。DMMモバイルは、ドコモの回線という安心感を得ながら、格安の料金で利用できる素晴らしいサービスです。

iPhoneが割賦契約可能

iPhoneの分割購入は、DMMモバイルで可能である特長が存在します。多くのMVNOでは、海外製の格安端末しか取り揃えておらず、知名度やブランド力の高いiphoneなどのスマートフォンは扱っていません。最新のiPhone6をセット販売するDMMモバイルは、MVNOを利用を希望しiPhoneを分割購入したいのであれば、やはりDMMモバイルに魅力を感じざるを得ません。できるだけリーズナブルにスマホを利用したい上に、iPhoneをセットで買いたいと思うなら、、DMMモバイルぐらいしか選択肢がないでしょう。売り切れになっていることがほとんどなので、在庫があるのを見つけたら、すぐに申し込むことをおすすめします。

データ通信量のくりこしにも対応

契約されているプランによってデータ転送量や容量が決められていますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。しかしDMMモバイルを利用していれば、翌月繰り越しに対応しているので、非常に便利です。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、こういったサービスを提供しているDMMモバイルは、なかなか優秀だといえます。繰り越しができるので、通信データ量を無駄にすることが減って格安スマホの使いでが向上しますね。

おうちで即日MNP可能

DMMモバイルは、即日MNPにも対応しており、今までの番号を使い続けるのも簡単です。DMMモバイルは「MNP届け出方式」を導入しているため、ネットで簡便な手続きを踏むだけで、携帯電話が不通になる期間なく、乗り換えが可能となりました。また即日でMNPを利用するとなると、従来までは訪問が必要でした。お店まで直接足を運ぶ必要があったのですが、今では、自宅でも旅行先でも、どこででも即日MNPができるようなりました。MNPの手続きをすると、携帯電話が使えなくなる期間が発生するという不便なことがありますが、乗り換えには気が進まなかった人でも、積極的にMNP切り替えをすることが可能です。即日MNPは、SIMカードが届いたら手続きでき、その方法はDMMモバイルの会員ページから、回線切替ボタンを押すだけととっても簡単です。簡単な手続きでMNPができますので、ますます格安スマホへの乗り換えがしやすくなっています。

業界最安値なのに、更に、DMM.comポイントが毎月!

DMMモバイルの新規申し込みをすると契約期間中ずっと、毎月、DMMポイントが利用した金額の10%分戻ってくる、支払いを押さえたい方にはお得なキャンペーンが開催されています。基本料金はもとより通話料やSMS送信料など対象になるものが多いので、毎月10%還元ということもあり、お得感の強いキャンペーンとなっています。そもそも、低価格を売りとしているDMMモバイルであるのに、それに加えて、10%のポイントキャンペーンを行っているので、一番気になる料金面で他とは比べ物にならないほどお得なMVNOだと言えると思います。コストパフォーマンスの高い通信サービスを求める方にはDMMモバイルは最も有力な選択肢の一つです。

バースト機能採用で、低速時もより快適な通信

DMMモバイル、一押しの機能としてバースト機能というものが存在します。バースト機能とは、どんなものなのでしょうか。DMMモバイルのバースト機能とはネットにアクセスした最初の数秒間のみを高速通信で行うことで、コンテンツの表示をスピードアップする働きをします。通信が低速なときでも、この機能が働けば、読み込みのスピードが上がるため、まだ表示されない!ってイラっとすることがなく、インターネットアクセスを快適に行うことができ、DMMモバイルにおける目玉機能と言えるでしょう。しかし、この注目の機能を採用しているのはDMMモバイルとIIJmioのみなのです。

DMMmobileの速度

多くのMVNOの中でのDMMmobileの特徴としては、262.5MbqsのLTE回線を使用したdocomoの価格が自慢のサービスです。その回線速度や対応エリアには安心感があります。通信速度も速く、安定感があり、レビューの評価やコメントを見ても、多くの人から高い評価を得ています。通信速度が速くて安定感のあるMVNOを利用したいのなら、DMMモバイルを利用すれば二つのニーズを満たすことができると思います。

DMMモバイルの3日間制限に関して

DMMモバイルは、低速通信を使っている時に限ってのことですが、直近3日間分のデータ使用量によっては速度制限がかかる場合があります。高速通信を利用している場合が、3日間の制限は掛かりません。契約者が均等に快適な通信が行えるよう、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、200Kbpsという低速通信が実施される事です。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。

DMMモバイルの評判まとめ

DMMモバイルには優れた利点があります。それは、月々の料金のお手頃感と高速通信の安定性が両立されていることです。値段の安さと通信速度の速さのどちらも求める人には、これ以上適したMVNOはないと思います。口コミなどでも評価の高いところは、月額料金の安さと速度が速いからなのです。

速度が速いのがウリ!

DMMモバイルの評判でよく目にするのは、安定した高速通信の実効速度について。DMMモバイルはMVMO各社の中でも特にローコストな格安スマホ会社なのに、速度も安定して速いということで、ますます人気のDMMモバイル。さらにお得な点は、DMMポイントの還元がつくので、料金の安さと性能の高さ、両方お求めの方にとっては、DMMモバイルが一番良い選択となるでしょう。格安スマホの中でも安い、DMMモバイル、コスパの良いMVNOの一つとなっているようです。

間もなく締切のキャンペーン

BIGLOBE SIMの評判と口コミ

BIGLOBE SIMの料金と解約

BIGLOBE SIMをご検討中の方にご利用料金と初めにかかる費用についてご案内申し上げます。料金を月額で比較しつつ、月々の携帯料金がどの位安くなるか期待しながらお読み下されば幸いです。さて、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

BIGLOBE SIMの月額プランと初期費用

BIGLOBE LTEの月額プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。音声通話SIMは、070/080/090番号が使えるものになっていて、キャリアのスマホと同じように使う際には、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。音声通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データSIMの月額費用は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

低速通信速度(200Kbps)が使い放題のプランがベーシックプランで、このプラン意外は、LTEの高速回線という262.5Mbpsの利用となります。BIGLOBE LTEの初期費用は3,240円のみです。端末を購入する場合は、その金額もお忘れなく。

BIGLOBE LTEの解約違約金

BIGLOBE LTEの解約制限と解約違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。一方、音声通話SIMについては、12ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。最低利用期間が経過する前に通話SIMを解約するのであれば、8,000円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

BIGLOBE SIMの回線速度について

BIGLOBE SIMでの通信は、docomoと同じ375Mbpsのスピードを利用としたサービスを行なっています。スピードについては、docomoと同じ回線ということで、安心のスピードですね。ドコモと同等の回線がお得に利用できるのは、BIGLOBE SIMの強みとなりそうです。これからも、MVNOや格安スマホのサービスがますます広がりそうですね。

BIGLOBE SIMの通信制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっていました。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、定められた容量をオーバーした利用者には、速度制限がかけられていましたが、最近になって、この3日制限が撤廃されました!要するに、BIGLOBE SIMのスマホに関して、大容量ファイルをダウンロードしても、3日制限のことを考える必要はなくなった事により、利便性の向上としてはかなり大きな進歩です。

BIGLOBE LTEって?

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。BIGLOBEもこれに参入しました。その名もBIGLOBE SIMです。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。なんといっても毎月の代金が900円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。またdocomo回線を利用しているため、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。BIGLOBE SIMの独自サービス「エンタメフリー」というオプションサービスというのがあり結構魅力的です。こちらのサービスの魅力。それは、今人気のYouTubeから、Google Play Music・Apple Music・AbemaTV・radikoなどなど…多様に対応した、月額のストリーミングサービスなのです。これがあれば、通信量を気にせず無制限で利用できちゃいます!BIGLOBE SIMへのMNPを検討している方の為に、BIGLOBE SIMのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。お見逃しなく!

docomo回線網を使ったお得なスマホ

BIGLOBEの提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。だから、通話の品質もあのドコモと同じ通話品質ですし、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。端末はドコモのスマホならばたいていの機種がそのままBIGLOBE LTEの端末としてご利用できます。SIMフリーのスマホがセットになったプランもあります。もし、現在docomoのスマートフォンをお持ちでしたら、BIGLOBE LTEのSIMカードを契約するだけでBIGLOBE LTEを利用できますので、スマホを新しく用意する手間や面倒がなくもう一台契約したことになり便利に賢く利用できます。BIGLOBE LTEとは、ドコモの回線を使いながら月々の携帯代が安く出来るというサービスです。

格安スマホの機種が選択肢豊富すぎる

BIGLOBE LTEの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、スマートフォンを新規で購入しなければなりません。BIGLOBE LTEでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。

通信量の翌月繰越し対応!

利用プランによって使える容量は異なりますが、利用可能なデータ量を使用しきれない月もある場合があります。BIGLOBE スマホなら、残ったデータ容量を翌月にプラスして使用する事ができます。容量が余っても次の月になるとその分がまったく考慮されないMVNOもあるので、繰り越しに対応しているBIGLOBE LTEはこの点魅力的です。格安スマホだとはいえ、翌月の繰越しシステムを利用して無駄なく使い、さらにお得に使いたいものですね。

通話料が半額!BIGLOBEでんわ

BIGLOBE LTEの「BIGLOBEでんわ」アプリを利用すると通話料が半額になり毎月のスマホ代がお得になります。よくあるIP電話とは異なり、「 プレフィックス型通話」と呼ばれるサービスで、かけた人の電話番号が、向こうにわかるように表示されます。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。つまり、電話の相手側からすると、いつもどおりの電話と変わりはないのです。多くのIP電話は、番号が通知されなかったり本来不要な050番号が先頭に付加されて通知されたりするので、けっこう使いづらいです。しかし、BIGLOBEでんわですと、とても使いやすくなっています。電話カケ放題のオプションも始まりました。

3分通話し放題とは?

日本の3大携帯電話サービス会社は、どれも電話かけ放題のプランを用意しておりますが、殆どのMVNOがその通話し放題のプランに対応していません。メリットは月々の基本使用料が安いだけだと思ってる人が大半でしょう。所が最近そういった欠点を埋めるようなサービスを始めた会社があります。BIGLOBE LTEでは、日本国内での通話なら、最初の3分間は通話料金がかからず、しかも回数は制限なしというサービスがでつけられます。月々の負担は650円です。この3分かけ放題のでは電話回線を使用しているので 、BIGLOBEでんわと同じく、発信番号を通知することにも対応していますので、今までの電話と変わりなく使えて、通話し放題になるという大きな魅力があります。BIGLOBEでんわを使うと、1分21円ほどの通話料がかかりますので毎日2分は電話する人にはお勧めのですね。

650円で1,200円分が無料になる通話パック60

さらにさらにBIGLOBE SIM利用者は、従来の3分かけ放題サービス同じ料金で、通話パック60というオプションが付いています。このサービスは月に650円で1200円分が無料で通話できるものです。通話が3分以内でじゅうぶんだという方には、「3分かけ放題」プランが最も合っていると思いますが、時々は長電話を楽しみたいという方には、こちらの通話パック60の方がお得でおすすめのオプションになります!上手に通話オプションを活用すると格安スマホがよりお得になりますよ♪

到着月は料金が無料に!

BIGLOBE LTEで格安スマホや格安SIMを契約すると、最初の月の月額料金は0円になります。使用開始月というのは、SIMカードなど、BIGLOBE LTEで契約したものを受け取った日の月のことです。もし1日にSIMカードが届いたのなら、1ヶ月丸々無料になるということです。しかし、今お使いのスマホの会社の月額使用料がいくらかにもよって損得は変わってきます。また、解約月が定められているなら、すぐに解約するとかえって手数料をとられ、高くつきますので、BIGLOBE LTEの料金の月初まで待って契約するのが良いとは明言できません。

BIGLOBE SIMのキャンペーン!