mineoの解約手順と注意点

mineoのインターネット速度

格安SIMで気になるといえば通信速度。ということでmineoの通信速度を調べてみました。docomo回線を利用したDプランでは最大225MbpsのLTE回線となり、AUの回線を使うAプランでも最大225MbpsのAU 4G LTEと同じスピードです。通信系の媒体でもよく比較されていますが、混雑時間帯では、キャリア契約の回線よりもデータ通信速度が速いものはないでしょう。キャリア契約の回線のような高速通信が必要な場合は、キャリアと契約をしたほうがいいです。毎月の利用料金が安いので、総合的に考慮してみても、mineoといった格安スマホは魅力あるサービスでしょう。

mineo AU回線プランにおける3日制限

mineoでは、誰もが同じように使用できるよう、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しております。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、決められた容量を超過したユーザーに対して、速度制限が実施されます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。契約プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されているようです。

マイネオ Dプラン通信制御に関して

嬉しいことにmineoのドコモプラン(Dプラン)では、データ通信量による3日間制限がないということです。その日によってデータを使用する量が大きく異なる方は、auの回線よりdocomoの回線で契約した方が、直近3日間のデータ通信量を気にせずに使うことができるでしょう。このように2つのプランの違いも参照し、自分によりあったプランにて契約をされることをお勧めします。

mineo月額プランについて

mineoの料金と速度の体系をみてみましょう。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、mineoに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。ということで、料金プランを見ていきましょう。

mineoの料金・初期費用

mineoの月額費用は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの契約縛り

解約制限と解約違約金に関して、解説していきます。mineoはキャリア3社や他のMVNO会社とは違い、最低利用期間というものがありませんので、解約違約金が発生しません。利用期間や手数料を気にせずに格安SIMを試用できるという点が、とてもおすすめなMVNOです。ただ他が、1年以内に他がよいと思ってMNP転出という場合は、12,420円必要となりますので、音声通話SIMを使う方は、注意する必要があります。

mineoの特徴まとめ

mineoは、格安SIMや格安スマホを扱っているMVNOの一つです。docomo・au・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えると、月々のスマホ使用料金が安くなりとてもお得な格安スマホです。デュアルタイプ(データ通信+音声通話)の月額基本料金は1,310円からと料金の安さが話題となっています。このマルチキャリアというのは、国内初であり、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。docomoやAUと同じ通話エリアで利用でき高い通信速度が保たれている点では、信頼性がありますね。今回は、mineoのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。話題のmineoについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoとAU回線を使ったMVNO

ドコモ回線プランかau回線プランが選べるマルチキャリアMVNOを提供しています。mineoを利用すれば、格安でdocomoかAUの通話品質を使うことができ、サービスエリアもdocomoやAUと何ら変わりません。docomoやAUの回線を使っているため、docomoやAUのスマホをそのまま使うこともできて、新しく買い換える必要はありません。高額な新機種のスマホを買わなくていいので、節約することができますね。もちろん、mineoで販売している格安スマホをプランに合わせて買って使うこともできます。全国展開されているキャリア回線をやすく利用できますし、docomoの回線を使うプランにするか、auの回線を使うプランにするか、好きな方を自由に契約することができます。料金に多少差異がありますし、端末を購入する際は回線によって選べる端末も違いますから、その点を考慮してどちらにするか検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTE(ボルテ)に対応

mineoで注目したいのが、VoLTE対応というところです。VoLTEとはLTEによる音声通話サービスのことで、従来の音声通話より高品質な通話を実現した、通話方式の名称としては新しいものです。対応する音声周波数が、今までは300Hz~3.4KHz と狭く特に高音は篭もった感じになっていました。しかしこのVoLTEは、音域が広がり、50Hz~7kHzまで広がりました。そのため、今までよりも格段に品質の高い通話音声が出来るようになったのです。このVoLTE対応というのは、mineoのメリットの一つでもあります。

容量繰越しもできる!

mineoの場合は、データ使用量を翌月に繰り越せるので、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、大きなメリットとして気にせずに利用できるのがポイントです。

mineoアプリの活用で、データ量を節約

そしてmineoスイッチというものもあって、通信速度が高速と低速のどちらでも切り替え可能です。節約したデータ容量の使い方ができるので、ユーザーには嬉しい機能ですよね。このmineoスイッチと公衆無線LANをうまく活用することで、さらに安いデータ量プランで済むことになるかもしれません。スマホの月額料金を安くするために役立つでしょう。

今月のキャンペーン!!